タダシップが購入できるのはこんなサイト

個人輸入は信用できるサイトから

ED治療薬は病院から処方してもらうか、個人輸入から購入するかの2パターンがあります。
病院から処方してもらうのは人目を気にしてなかなか踏み出せないのに対し、個人輸入は誰にもバレずに購入することが可能。そのため多くの人に選ばれています。
そんな中でも、タダシップを代行通販サイトを利用して購入する方法が人気となっています。
なぜ代行通販サイトの利用が人気なのか、またどんな代行通販サイトを利用したらいいのかを見ていきましょう。

タダシップは個人輸入から手に入れる

個人輸入で購入する

タダシップは国内未承認の薬のため、国内から販売・購入をすることはできません
タダシップは海外から個人輸入をすることで手に入れることができます。
個人輸入をする方法は4つ。

個人輸入の方法
①海外で購入して手荷物・別送品として輸入する
②現地に住んでいる知人に発送してもらって輸入する
③海外通販サイトから購入して輸入する
④輸入代行通販サイトから購入して輸入する

この中でも簡単に輸入できるのが④の輸入代行通販サイトから購入して輸入をする方法です。
①はわざわざ現地へ行かなければならないため、余分な時間とお金、手続きが必要となってしまいます。②はプラスで税金がかかってしまい、③は海外のサイトであるため英語が苦手な人は購入までに時間がかかってしまいます。
それに対し、④はサイト内が日本語表記であり、複雑な手続きをすべて任せることができ、商品代と手数料を支払えば簡単に購入することができるため選ばれているのです。

楽天・amazonからの購入は不可

タダシップは楽天やamazonから購入することはできません
薬事法では、国内未承認の薬を国内で扱ってはいけないことになっています。
楽天やamazonは薬事法が適応されるため、国内未承認であるタダシップを扱うことができず、購入することができません。
もし、楽天やamazonから購入できた場合は偽物や転売品の可能性があるため、購入しないようにしましょう。

こんな通販サイトから購入しよう

信用できるサイトとは

ネット内で扱われているED治療薬の約半数が偽物といわれています。
そんな偽物を購入しないために、サイト選びは重要になってきます。
しかし、確実に本物が購入できるサイトはここ!と言い切れるサイトは残念ながらありません。本物が届いたとしても人によっては効果が得られない場合もあるため、「効果が得られない=偽物」と考えられてしまい、その人からは偽物を扱っているサイトとなってしまうからです。

しかし、確実なサイトは断定できないものの、条件にあてはめていけば偽物を扱っているサイトを排除することができます。
利用しようと考えているサイトが信用できるサイトかどうか見ていきましょう。

「特定商取引」の記載がされている

特定商取引法で商品や取引方法、運営する事業者に関しての情報を記載する義務が定められています
「特定商取引」の記載があることが前提になるので、ない場合は論外となります。
「特定商取引」はサイトの一番下に記載されていることが多いです。

特定商取引

支払い方法は「銀行振込・カード払い・コンビニ決済」

個人輸入は海外から発送されるため、支払いが確認されてからの発送となります。
そのため、代引きに対応していることはありません。
支払い方法は「銀行振込・カード払い・コンビニ決済」のいずれかになります。

お問い合わせ窓口がある

お客様のことを考え、お問い合わせ窓口を設置しているサイトがほとんど
ない場合は、なにかトラブルがあっても対応してくれないということなので、購入は避けた方がいいでしょう。
電話サポートがあれば信頼度はUP!

商品が届くのに1~2週間かかる

海外からの発送となるので、天候や経路に左右され商品が届くのに料金を支払ってから1~2週間ほどかかります。
もし早く届くことがあれば国内から発送している可能性があり、それは薬事法に違反するおそれがあるため購入は避けましょう。